• 犬と猫の診療 内分泌疾患

犬と猫の診療
内分泌疾患

甲状腺の病気

甲状腺は喉の両脇にある小さな組織で、甲状腺ホルモンを放出しています。 甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を促し、活動に必要なエネルギーを作るとても大切な働きをしています。 甲状腺ホルモンは多く出過ぎても少なくても体調が悪くなります。
甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌量が低下している状態です。
活発性にかけ寝ていることが多く、太りやすい、寒がりになる、毛が薄くなる(脱毛)、皮膚が黒ずんでくる、貧血や心拍数の低下などの症状がみられ、重篤なりますとケイレンなどを起こし倒れてしまうこともあります。また糖尿病などの他の内分泌疾患を併発していることもあります。中高齢のワンちゃんに比較的多く発症するため、年のせいと思いこんでしまう飼い主さんも多くみられます。

確定診断には、甲状腺ホルモン(T4、FT4)や甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定します。 この病気になってしまった場合は、生涯にわたり、甲状腺ホルモン剤を服用することになりますが、 きちんとコントロールされた量を服用していれば、通常の生活が送ることができます。

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて起こるのが甲状腺機能亢進症です。
主に高齢の猫ちゃんに発症します。食欲が旺盛にもかかわらず痩せてきたり、攻撃的な行動をとるようになったりします。また、嘔吐や下痢、脱毛、飲水量の増加などがみられたり、心拍数が増加し、心筋症や腎不全などを呈する場合があります。
確定診断には、甲状腺ホルモン(T4、FT4)の測定、また超音波検査で甲状腺の大きさの測定や腫瘍化していないかなどを判断します。

治療は、内服薬でコントロールする方法や食事療法(ネコちゃんの場合)などで行うことができます。 また腫瘍の場合は、外科的に切除になります。

参考写真を見る

腫大した甲状腺
摘出した甲状腺癌

副腎の病気

副腎機能亢進症(クッシング症候群)
副腎腫瘍

副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌されている状態で、多飲多尿、食欲増加、脱毛、腹部膨満、呼吸が荒い、筋肉虚弱などを呈します。 一見、食欲があり、元気に見えるので、ただ太っているだけと思ってしまう飼い主さんも多くみられます。

原因は、副腎皮質刺激ホルモンを分泌している脳下垂体に腫瘍ができて起こる下垂体依存性の場合と、副腎皮質に腫瘍ができて起こる副腎腫瘍性の場合とがあります。 診断は血液中のコルチゾール値を測り、また超音波検査で副腎の状態をチェックします。さらに、血液検査で確定した場合、CTやMRIで脳下垂体に腫瘍があるかを調べます。

治療は内科的(薬の投薬)が一般的ですが、副腎腫瘍の場合は外科的に切除も可能です。 しかし、腫瘍が悪性の場合は予後が悪く、手術不可能な場合が多いです。

副腎機能低下症(アジソン)

副腎からのホルモンが減少して起こる病気です。比較的、稀な病気ですが、罹ってしまうと急な虚脱、嘔吐、低血糖、電解質の異常などを起こし、命の危険が出てきます。 発症してしまうと生涯、ホルモン薬の服用が必要になります。

糖尿病

犬や猫も人と同じく糖尿病になることがあります。 犬の糖尿病は、インシュリン依存型の糖尿病がほとんどのため、生涯インシュリンの接種が必要になってきます。現在入手可能なインシュリンは人で使用しているものと同じものになります。 効果の持続時間やピークなどの異なる様々なインシュリンの中から、どのインシュリンがその子に合うかを検査して決めていきます。一度安定しても、病状が変化したり、その他の内分泌疾患を併発した場合など、インシュリンの量や種類が変わることもありますので、定期的な検査が必要になってきます。

診療ピックアップ

  • 病院コラム
  • スタッフ募集
  • パピー教室

インフォメーション

なぐら動物病院

〒470-0164

愛知県愛知郡東郷町三ツ池4-8-10

TEL 0561-39-1172

診療時間

診療時間

診療対象動物

犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター等の小動物

  • アニコム動物保険
ページトップへ戻る