• 犬と猫の診療 心臓疾患・皮膚疾患

犬と猫の診療
心臓疾患・
皮膚疾患

僧帽弁閉鎖不全症

中高齢のワンちゃんに多く見られる心臓病で、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁の閉まりが悪くなり、血液が逆流してしまう状態です。初期はほとんど無症状ですので、病院で聴診時に発見されることが多いです。

多くの場合は老化に伴い僧帽弁が変性し、弁を支えている腱索が切れたりすることで発症します。 病気が進行すると、僧帽弁での血液の逆流量が増え、循環不全から心臓がうっ血して大きくなり、さらに悪化すると肺の血管も鬱滞状態となり、 肺の水分量が増えるために肺胞に水分が漏れ、肺水腫を起こしてしまいます。

検査は主に超音波検査とレントゲンが中心になります。 超音波検査で弁の様子、逆流の様子、僧帽弁部の左室流入血流速波形や逆流速度、左心房・室の大きさ、収縮率など様々な項目をチェックします。レントゲンでは心臓の大きさや肺の状態などをチェックします。 早期に発見し、定期的に検査、治療を行うことで、長期に維持ができる場合が多いですので、中高齢になりましたら、少なくても年に数回は病院で聴診してもらうことが大切です。

肥大型心筋症

猫ちゃんに多く見られる心臓病で、左心室壁や心室中隔の心筋が厚く肥大し、心室拡張能が低下して循環不全を起こします。 家族性(遺伝子変異)の発症としてメインクーン、アメリカンショートヘアー、ラグドール、ペルシャ、ノルウェージャン、スコティッシュフォールドなどで報告されていますが、雑種猫でも多く認められています。 症状は呼吸困難、元気消沈、食欲不振など多様ですが、無症状なことも少なくありません。また、心雑音が聴取されないこともあり、聴診のみでは異常がわからないこともあり、突然の後躯麻痺を起こし、倒れてなくなってしまうこともあります。 診断には主に超音波検査、レントゲン検査、バイオマーカー(血液検査)などにを行います。また高齢猫の場合、甲状腺機能亢進症により発咳や頻脈などを呈している場合もありますので、甲状腺の検査も必要となります。 初期は無症状な場合がほとんどで、雑音も聴取されないこともありますので、調子が悪くなくても、定期的に詳しい検査を行うことが望ましいでしょう。

皮膚疾患

治療に反応が悪い場合には、更に検査を進めていく必要があり、難治性の皮膚疾患になりますと、アレルギー検査や病理検査など高額な検査が必要だったり、治療も高額になってしまうこともあります。
皮膚疾患の治療は感染症のみの場合は完治しますが、アレルギーやアトピー、免疫介在性疾患が係わっている場合は完治(薬を服用しなくても良い)ということはなかなか難しく、なんらかの治療を続けながら、いい状態を保ってあげるということが目的となってきます。
無理のない範囲で継続的に治療できる方法を選んでいきましょう。

診療ピックアップ

  • 病院コラム
  • スタッフ募集
  • パピー教室

インフォメーション

なぐら動物病院

〒470-0164

愛知県愛知郡東郷町三ツ池4-8-10

TEL 0561-39-1172

診療時間

診療時間

診療対象動物

犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター等の小動物

  • アニコム動物保険
ページトップへ戻る