• 犬と猫とウサギの予防

犬と猫と
ウサギの予防
避妊・去勢

避妊・去勢

ワンちゃん、猫ちゃん、うさぎさんは高齢になると生殖器系の病気を発症してしまう子が多くみられます。
避妊、去勢することで、生殖器系の病気の予防や発情によるストレスの予防につながります。繁殖する予定のない場合は、なるべく発情前までに避妊、去勢を行うことをお勧めします。
また繁殖する予定の場合は、繁殖を引退したら早めに手術することをお勧めします。
当院では、血管シーリングシステムを使用し、極力、縫合糸を腹腔内残さないように手術をしています。
縫合糸反応性肉芽腫の発生リスクを軽減でき、より安心して手術を受けることができます。

女の子

避妊のメリット
  • 子宮、卵巣の病気(子宮蓄膿症や卵巣腫瘍など)の予防
  • 乳腺腫瘍の発症の抑制
  • 発情出血や外陰部の腫れがなくなりストレスの軽減
避妊のデメリット
  • 代謝が悪くなり、食欲も増し、太りやすくなる
  • 子孫が残せない

男の子

去勢のメリット
  • 睾丸腫瘍や前立腺肥大の予防
  • 肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアの予防
  • マーキング行為や尿臭の軽減
  • 発情によるストレス(攻撃性)などが軽減し 穏やかになる
  • 食欲のムラがなくなる
去勢のデメリット
  • 代謝が悪くなり、食欲も増し、太りやすくなる
  • 子孫が残せない

また、男の子の異所性睾丸の場合は、必ず手術しましょう。
腹腔内や鼠径部の停留してしまった睾丸は高齢になってから腫瘍化することが多いです。

参考写真を見る

腫瘍化した睾丸
消化管に癒着した睾丸

手術時期

適正時期は動物の種類や品種、雌雄、生活環境などのニーズによっても異なますが、初回発情前の生後6~10ヵ月頃に行うことをお勧めします。
個々で成長が異なりますので、手術時期はご相談ください。

手術について

手術に当たり、事前に全身状態をチェックさせていただき、ご予約していただきます。
高齢な子や持病のある子は事前に検査が必要な場合があります。
外猫ちゃんで捕まらない場合はご相談ください。
手術前
手術当日の朝は、絶食絶飲でお連れいただきます。
午前中に体調のチェック、血液検査を行い、異常がないかチェックをします。
異常がなければ、お昼の時間に手術を行います。
手術中
血管確保し静脈点滴を行い、気道確保(気管チューブ挿管)し人工呼吸器の設置、麻酔モニターにより麻酔濃度や酸素飽和度、心電図等をチェックします。
電気メスや血管シーリングシステムを使用し、出血が少なく、短時間で手術を行っています。
手術後
術後は麻酔の覚醒状態をしっかり観察し、お部屋でゆっくり過ごしていただきます。
痛み止めの投与により積極的に痛みのコントロールを行います。
基本的には夕方6時以降であればお迎えが可能です。ただし、ご自宅でゆっくりできる場所がない(同居ペットがいるなど)場合や術後の管理が不安な場合は1泊していただきます。また傷口の保護のため、術後服を着ていただきます。
希望により、吸収糸による埋没法も行っております(別途料金)。吸収糸による埋没法の場合は、糸が外に出ないため、傷口を気にしにくくなる利点があり、抜糸の必要もありません。基本的に、うさぎの避妊手術は埋没法で行っており、基本料金に含まれています。
手術の安全性
当院では、手術前の検査、手術器具の徹底した衛生管理、安全な麻酔管理を行い、高性能な手術機器や高品質な縫合糸を使用し、熟練した執刀医により、1頭1頭、丁寧に行っております。
不安がある場合は、ご相談ください。

マイクロチップ

マイクロチップは2mm×12mm位の大きさで、個体識別番号が埋め込まれています。この番号を日本獣医師会にデーター登録することで、飼い主の情報がすぐにわかるようになっています。マイクロチップを装着していますと迷子の時のみならず、地震などの災害時にご家族の連絡先がわかる唯一の絆となる重要な役割を果たしますので、装着することをお勧めします。
マイクロチップ

最近ではペットショップで購入時にすでに装着している子が多いですが、装着していない子は避妊や去勢手術など麻酔の際に行うと痛みもなく装着できますのでお勧めです。

装着前にマイクロチップが壊れていないか、また装着後にきちんと埋め込まれているかをチェックするために使用します。また渡航する前など、必要に応じて、きちんと読み取れるかチェックすることをお勧めします。

診療ピックアップ

  • 病院コラム
  • スタッフ募集
  • パピー教室

インフォメーション

なぐら動物病院

〒470-0164

愛知県愛知郡東郷町三ツ池4-8-10

TEL 0561-39-1172

診療時間

診療時間

診療対象動物

犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター等の小動物

  • アニコム動物保険
ページトップへ戻る